本サイト作成者

カトリーヌ・ヘンドリックス(大城)

1964(昭和39)年、ベルギー王国のフランダース地方(オランダ語圏)生まれ。

血液O型の乙女座として育つ。

高校卒業後、フランスで日本人学生のグループと接し、日本に興味を持つ。

パリで日本人の友人たちに「華都ちゃん」と名付けられる。

東京で芭蕉布のことを知り、2000年に辰年の女として沖縄に移住する。

沖縄でウチナーンチュの男性と出会い、琉装で結婚。

家族の事情で2008年~2018年、夫とともにベルギー移住生活

現在、その沖縄生まれの夫と4羽の鶏、ベルギー生まれの柴犬MoMoちゃんと、再び沖縄県南城市で暮らしている。親戚や友人、近所の人たちと野菜や卵などを物々交換したり、手織りをしたりして自給自足をするのが理想である今、その魅力的な生き方に近づいていると感じている。

学歴

2006年3月 ベルギー・ルーヴェン大学文学部東洋・スラヴ学科にてPh.D.号を取得

博士論文:Bashofu: Banana-fibre Cloth and its Transformations of Usage and Meaning across Boundaries of Place and Time in the Ryukyu Archipelago(英語)

2001年‐2006年 琉球大学法文学部 民族・民俗学専攻 外国人客員研究員

2000年‐2001年 琉球大学教育学部 島嶼文化教育コース(専攻:染織)研究生(奨学金:Europalia 1989 Japan Foundation)

1995年 フランス国立東洋言語文化大学(INALCO)日本学科にて修士号を取得

  修士論文:Higashiyama Kaii ou la peinture de paysage〔東山魁夷と風景画(仏

1991年-1992年 早稲田大学文学部にて1年間留学(専攻:日本美術史研究生(奨学金:ベルリン日独センター・国際交流基金)

1983年 フランス ・テゥーㇽ大学文学部にて1年間ランス語語学留学

染織歴

2008-2013 ベルギー・アントウェルペン王立芸術学院にて西洋の手織り基礎的な技法(素材:亜麻糸、レーヨン糸)(夜間学校の生徒)

2007 沖縄県立工芸指導所〔現在の「工芸振興センター」〕にて経絣の基礎的な技法(素材:綿糸〔経糸〕、芭蕉糸〔緯糸〕)(研修生)

2001-2002 Atelier ITOにて首里織りの基礎的な技法(花織とロートン織のみ、素材:絹糸)(自由な研修)

2000 琉球大学教育学部にて手織りの基礎的な技法(平織、素材:ラミー糸、綿糸)(研究生)

職歴

2008年‐2018年 個人経営 翻訳事務所 Katokobo Translations(法定翻訳・一般翻訳)

・2009年-2010年 在ベルギー日本大使館 儀典部翻訳事務所 Katokobo Translationsを副業として継続

1996年‐2000年 在日ベルギー王国大使館 フランデル地域政府代表部 文化交流

出版

・ 2007年 The Origins of Banana-fibre Cloth in the Ryukyus, Japan. (ISBN: 9789058676146)

・ 2004年 「琉球列島における芭蕉布と糸芭蕉について」『沖縄文化』Vol.39:1

・ 2003年 「芭蕉布の研究について」『沖縄染織研究会通信』Vol.29

・ 2002年 「糸芭蕉と芭蕉布について」『月刊 染織α』No.259,10月号 (70-72)

・ 2002年 「八重山諸島に見られる芭蕉織り」『沖縄・八重山文化研究会会報』Vol.127

・ 2002年 「芭蕉布 島紀行」(5回シリーズ)『沖縄タイムス』文化欄

趣味

手織り・ 動物の世話 ・ パン作り(自家製酵母作りから) 

私の芭蕉布研究についてはこちら